HOME > 玉ねぎで母乳が良く出る

玉ねぎで母乳が良く出る

赤ちゃんを母乳で育てたいというお母さんはたくさんいらっしゃいますが、誰でも母乳がたくさんでるわけではありません。
高齢出産も増え、母乳の出ないお母さんや、社会生活において疲労やストレスを溜め、母乳が出にくくなることもあります。

外部環境の影響は仕方がありませんが、なるべくストレスや疲れを溜めないようにすることは大切です。
育児で大変だと思いますが、休めるときは休み、寝不足や育児ストレスを溜めないようにしましょう。

また母乳は食生活によっても影響を受けます。
母乳はお母さんの摂取した食べ物から作られますから、食べ物には気を使う必要があるのです。

授乳中は栄養バランスを考えた食事を摂ってほしいのですがあまり脂っこいものや甘いものばかり食べ過ぎると、乳腺が詰まって乳腺炎を引き起こすことがあります。
乳腺炎になる人は意外と多く、強い痛みを伴うので、授乳を止めたくなるお母さんも多いことでしょう。

さて母乳を出しやすくするには、玉ねぎが有効なのはご存じでしょうか。
玉ねぎには血栓を溶かしたり、コレステロールを分解する作用があるので、血液の循環を良くする働きがあります。

母乳も血液から作られるので、玉ねぎによって血流が良くなると母乳も出やすくなります。
また乳腺炎を防ぐには、赤ちゃんに母乳をよく飲んでもらうこと、こまめに水分補給をすることが大事ですね。

血流の悪化は冷えも引き起こしますから、乳腺も詰まりやすくなります。
しかし玉ねぎは血流を改善して体を温めるので、母乳を出しやすくし、乳腺の詰まりやしこりを予防、改善する効果も期待できるというわけです。