HOME > コレステロール値が気になる人に玉ねぎがおすすめ

コレステロール値が気になる人に玉ねぎがおすすめ

コレステロール値が高いと動脈硬化などの生活習慣病になりやすくなるというのは有名な話です。
コレステロールは脂肪の一種ですが、ただ有害というわけではなく、細胞膜を作って細胞を保護したり、ホルモンや胆汁酸の原料にもなったりします。

つまりコレステロールは私たちの体にとって必要な成分なのですが、過剰に増えすぎると体を蝕んでいくのです。
コレステロールは脂ですから、増えすぎると血管を詰まらせる元になって、脂質異常症の動脈硬化を引き起こします。

コレステロール値を上げる主要な原因は食生活になると言っても過言ではありません。
例えばコレステロール値を上げる食品として、脂分の多いお肉や卵、バターなどの乳製品、スナック菓子などがあります。

お肉も乳製品もお菓子も好きな人は好きですよね。
ただこれらの食品を多量に食べ続けると脂質異常症を引き起こすので注意しましょう。

反対にコレステロール値を下げる食品には何があるでしょうか。
例えば食物繊維を多く含む野菜や果物、海草類や大豆製品があります。

そして何といっても玉ねぎです。
玉ねぎを生で食すと血栓を溶かす作用が働き、動脈硬化の予防に有効であることが多くの研究で明らかになっています。

例え玉ねぎを加熱してもケルセチンの働きは失われないため、血中コレステロールの値が低下し、血管の脈壁に蓄積するのを防ぐことが出来るというわけです。
最近コレステロール値が高いのが気になるという人は是非玉ねぎを食べるようにしてください。