HOME > 玉ねぎで血管が若返る

玉ねぎで血管が若返る

玉ねぎには血液をサラサラにする効果があることは有名ですが、ある研究でも玉ねぎのエキスで血管年齢が若返ることが分かっています。
玉ねぎを1ヶ月食べ続けたところ、血管年齢が10歳から20歳も若返ったという研究結果が出ています。

これは玉ねぎに含まれるケルセチンというポリフェノールの一種が抗酸化作用に優れ、血液中の活性酸素を除去してくれるため、血管内皮機能が改善したというのです。
血管内皮機能は血管の健康状態を維持する上で大切な役割を担っており、血管の最も内側にある細胞機能です。

動脈硬化の第一歩は血管内皮機能の低下といわれるように、血管病を引き起こすのは血管内皮機能が弱まることから始まります。
活性酸素は血管内皮細胞にダメージを与えることが分かっていますから、抗酸化作用に優れた玉ねぎを食べることで血管の健康が保たれるのでしょう。

なお通常は捨ててしまう玉ねぎの外皮(茶色い部分)にケルセチンが豊富に含まれていると言います。
しかし玉ねぎの皮は固くて食べられませんから、お茶にしたりスープにしたりして摂取するのですね。

なおケルセチンは日光に当てるとその量が4倍にもなると言われています。
ですから玉ねぎの皮を食べられないという方は、外皮を剥き、1週間ほど日光に当てることでケルセチンの量を増やすことも出来るようです。

血管は私たちの頭の先からつま先まで、体中を巡っている大事な器官です。
血管の健康状態が悪くなれば、そのまま全身の健康状態に影響が出てきますから、玉ねぎを食べて血管の健康を維持したいものです。

なおごぼうも抗酸化力の高い根菜として有名ですね。
ごぼう茶が最近人気のようですが、ごぼう茶の作り方についてはこちらをご覧ください。