HOME > 玉ねぎ酵素がたんぱく質を分解する

玉ねぎ酵素がたんぱく質を分解する

酢豚にパイナップルが入っているのを見たことがあると思います。
何故お肉料理にパイナップルが入っているの?という感じですが、お肉と一緒にパイナップルを入れるとお肉が柔らかくなって美味しくなるんです。

これはパイナップルに含まれるたんぱく質の分解酵素が働くためなのです。
そして実は玉ねぎにもたんぱく質の分解酵素が含まれています。

お肉は消化に非常に時間のかかる食べ物で、数時間も消化されずに残るため、胃腸に負担をかけます。
お肉を消化するために酵素が大量に消費され、さらに腸内に長く留まるために腐敗して毒素を吐き出すようになります。

腸内に発生した毒素は血流に乗って全身を回り、細胞を傷つけます。
さらに酵素の不足は代謝の低下を招きますし、分解されずに残ったたんぱく質がそのまま吸収されるとアレルギーになる可能性もあります。

ではお肉は食べない方が良いかといえば、そういうわけにもいきませんね。
お肉が大好きな人からお肉を取り上げるのもストレスですし、健康な体を維持したり、ダイエットの効率を上げるためにも、全くお肉を食べないというわけにもいきません。

そこでお肉の消化を良くするために玉ねぎのたんぱく質分解酵素を利用するというわけです。
消化しやすくなる上にお肉が美味しくなるのですから、使わない手はないですね。

さらに玉ねぎに含まれるケルセチンに粘膜を強化する作用があり、ヒスタミンの放出を抑えるので、アレルギーにも良いというわけです。
では玉ねぎとお肉をどう調理すれば良いかというと、玉ねぎを切ったり、摩り下ろしてお肉の上に乗っけるだけです。

あるいは擦り下ろした玉ねぎにお肉を20、30分置いておくとさらにお肉が柔らかくなります。
硬くて噛み切れない安いお肉も、玉ねぎの分解酵素を利用すれば高級なお肉、とまではいきませんが美味しくなることは間違いありませんから、一度お試しください。