HOME > 夏バテ予防に玉ねぎを食べよう

夏バテ予防に玉ねぎを食べよう

あなたは夏バテしたことがあるでしょうか。夏バテは体の疲労が取れなくてだるい、食欲が無い、熱っぽい、目まいや立ちくらみがするなど、症状は人によってさまざまです。夏は暑くて湿気の高い日が続きますから、体は体温を調整しようといつも以上に体力を消耗します。体の中から水分がどんどんと排泄されますし、それに加えて食欲が低下する人が多く、エネルギーが不足してしまうというわけです。夏バテを予防するには食事や水分補給が大切なのですが、冷たいうどんやおそばばかり食べていませんか?冷たい食べ物や飲み物は胃腸を冷やしてしまいますから、消化機能を低下させてしまいます。また炭水化物は人間のエネルギー源ですから、炭水化物の摂取はとても大事です。しかし炭水化物だけを摂取していても、体内でエネルギーに変換されませんから、炭水化物を効率的にエネルギーに変えるためにビタミンB1やB2を摂取するのです。特に夏場はたくさん汗をかきますが、ビタミンB群は水に溶けやすいため、汗をかくとどんどんと体外へ逃げていってしまいます。ですから夏は普段よりビタミンB群が不足しやすく、夏バテしてしまうのです。ではどうすれば良いか、ビタミンB1やB2を多く含む食品、つまり豚肉やうなぎ、豆腐や枝豆を普段よりたくさん食べれば良いのです。さらにこれらの食べ物と一緒に、玉ねぎを食べると、ビタミンB群の吸収をさらに高めると言われます。豚肉と玉ねぎって本当に相性が良く、よく一緒に調理されますね。味の相性もあることながら、栄養面からも豚肉と玉根の相性はよく、非常に理にかなった料理といえます。普段から夏バテしやすいという人は特に、玉ねぎを食べて疲れを吹き飛ばしましょう。