HOME > 玉ねぎとトマトで作る簡単サラダ

玉ねぎとトマトで作る簡単サラダ

玉ねぎを使ったサラダって美味しいですが、トマトと一緒に和えるだけで簡単に出来るサラダがあります。作り方は簡単、玉ねぎとトマトを切ってお皿に並べます。玉ねぎはみじん切りでも、櫛切りでも結構です。トマトは輪切りにします。それからごま油と醤油、お酢、白ごま、砂糖で味付けしたドレッシングをかけて完成です。お酢と醤油は多めで大匙1から2杯、ごま油と砂糖は小さじ1杯ぐらいでOKです。ちなみにごま油の代わりにオリーブオイルを使ったり、醤油の代わりに塩、コショウにしてもOKです。トマトと玉ねぎって本当に相性が良いんです。玉ねぎとトマトを使った料理って多いですよね。オムライスもそうですし、ミートソースにもトマトと玉ねぎが使われます。食べものの多くは単体で摂るよりも、食べ合わせる方が栄養効果が2倍にも3倍にもアップしますし、味は10倍にも美味しくなると言われています。代表的な成分である、トマトのリコピンと玉ねぎのケルセチンは植物性栄養素の一種で、いわゆるファイトケミカルと呼ばれ、今注目を浴びている健康成分です。トマトに含まれるリコピンは新陳代謝を活性化してくれますし、血糖値を下げ、血液をサラサラにする効果もあります。さらに玉ねぎのケルセチンは脂肪の吸収を抑え、血管の酸化を防ぎますし、リコピン同様、抗ガン作用、抗アレルギー作用があります。玉ねぎのカリウムは塩分を排出し、むくみを解消、さらにトマトのクエン酸で疲労も回復します。さらにトマトは乳酸菌を増やす作用があり、腸内環境を整えて、玉ねぎのアリシンで腹痛が起きるのを防いでくれます。まさに最強の野菜がタッグを組んだといっても過言ではないでしょう。白鳥早奈英という方が、「長生きしたけりゃ、トマトとたまねぎを食べなさい」という本を出しているのをご存じですか。白鳥早奈英さんは管理栄養士や調理師などたくさんの資格を持っている方で、国内でも海外でも多くの講演を行い、TVにも数多く出演されている方です。まさに食べ合わせの提唱者でもあるのですね。そんなすごい方がトマトと玉ねぎの食べ合わせを推奨しているのだから、信憑性は高いですね。アレルギーの気になる方は睡眠をしっかりとることも大切です。こちらにはアトピーと睡眠の関係が詳しく書かれていますから、ご覧ください。