HOME > 玉ねぎをしっかり炒めてオニオンスープを作る

玉ねぎをしっかり炒めてオニオンスープを作る

玉ねぎは生で食べても良し、炒めても良し、色んな食材に合う万能野菜ですね。他の野菜と異なる、特筆すべき点は硫黄化合物が含まれていることです。玉ねぎの独特な辛み成分であり、玉ねぎを切ったときに目や鼻を刺激する物質です。ちなみに玉ねぎに含まれる硫黄化合物は硫化プロピルと呼ばれる成分で、他のにんにくやにら、生姜など同じように硫黄化合物を含む食べ物にも含まれておらず、玉ねぎ特有の成分なのです。この硫化プロピルは血液中のグルコースなどの糖質の代謝を促進するため、血糖値を低下させ、糖尿病の防ぐ上で有効な成分とされています。ちなみにこの硫化プロピルを摂取するには玉ねぎを生のまま食べなければなりません。とはいっても硫化プロピルは加熱して完全に効果が失われるわけではありません。玉ねぎは酸化させたり加熱させると、トリスルフィドという成分に変わります。このトリスルフィドは血中のコレステロールを分解して、コレステロール値を下げる働きが高いのです。ですからトリスルフィドを摂取することで血液がサラサラになり、血圧の低下、血栓ができるのを防ぐ効果があると言われています。そのため、高血圧を防ぎ、動脈硬化、脂質異常症など生活習慣病の予防にも最適な野菜なのですね。ちなみに玉ねぎを切るときは繊維に対して垂直に切った方が良いのをご存じですか。繊維に垂直に切ることで酸化が早まり、トリスルフィドという成分に変化しやすくなります。良く加熱すると血液サラサラ成分が失われると言いますが、トリスルフィドにも血行を促進する働きはありますから、ご安心ください。さらに長時間加熱するとセバリンという成分に変わりますが、血液サラサラ効果は変わりませんし、辛味もなくなりますので、玉ねぎの辛味が苦手という人にもおすすめです。さてこのセバリンを上手に摂取する方法、それがオニオンスープです。玉ねぎを繊維に垂直に切ったらフライパンにバターを入れ、しっかり炒めます。しっかり炒めると玉ねぎが茶色くなってくるので、水を加えて弱火で煮ていきます。沸騰したら小まめに灰汁を掬い、塩、コショウ、それからコンソメを加えます。玉ねぎがほろほろと柔らかくなったら、オニオンスープの完成です。味はお好みで調整してくださいね。ベーコンを入れてもさらに美味しくなります。玉ねぎの栄養成分には水に溶けやすい成分もありますが、スープにすれば溶けた栄養素も摂取出来ますから、栄養満点ですね。