HOME > 玉ねぎおろしソースを使えば何でも美味しくなる

玉ねぎおろしソースを使えば何でも美味しくなる

色んな食材と味の相性が抜群な玉ねぎですが、玉ねぎをおろして絶品ソースを作ることも出来ます。例えば鶏肉をソテーして、おろした玉ねぎでソースを作ってかけると、鶏肉もしっとり柔らかくなって美味しさアップ、食欲をそそります。お肉にお魚に玉ねぎソースをかければ、臭みも消えますし、たんぱく質が分解されて、身が柔らかくなるのが特徴です。お肉はすじ切りしておくと、玉ねぎが繊維に沁みてさらに柔らかくなります。玉ねぎのおろしソースの作り方ですが、まず玉ねぎをすりおろしていきます。2人前でしたら、玉ねぎ1/2を使えば十分な量になるでしょう。味付けは醤油、みりん、お酒、お酢を各大匙1杯くらい入れて混ぜ、砂糖、生姜、にんにくを少々加えれば、絶品玉ねぎおろしソースの完成です。鶏肉に牛肉に、ハンバーグにお魚に、どれにかけても外れがありません。それこそレストランで出てくるような料理になります。さらに玉ねぎが消化しにくい動物性食品の消化を助けてくれるので、体にも吸収されやすくなります。さらに硫化アリルがビタミンB1の吸収を高めてくれるので、慢性的な疲労の解消も見込めますし、すりおろすことで健胃効果がアップし、胃腸の調子が良くなります。お肉を食べ過ぎるとどうしても癌を発症しやすくなりますから、玉ねぎおろしソースをかけて食べると癌予防の効果も期待できます。なお、癌予防にごぼう茶もおすすめです。ただご自宅で玉ねぎを擦り下ろすと、どうしても苦くなってしまう人がいます。その場合、すりおろしたりんごを混ぜると、苦みが消え、味が優しくまろやかになります。中には擦り下ろす前にお水にさらす人がいますが、栄養素が水に溶けてなくなってしまうので、お水にさらすのはNGです。またどうしても玉ねぎがばらけてしまって上手に擦り下ろせない、涙が止まらないという人は、玉ねぎの皮を剥いた後、冷蔵庫で良く冷やしておくと、すりおろすときに玉ねぎもばらけませんし、涙も出ないのでおすすめです。さらに、すりおろすときは玉ねぎの根を切らずに残しておき、頭の方から擦り下ろしていってください。こうすることで玉ねぎを無駄なくおろすことが出来ます。ちなみに擦り下ろした後の玉ねぎはすぐに品質が落ち、風味もなくなってしまうので、すぐに使い切るようにしましょう。